忍者ブログ

イチジ九

すべからくどうしようもない日常のあれこれ。 ネタバレ盛り沢山ですので注意!

オルフェンズ見終わりました(ネタバレ感想)

オルフェンズを見始めた瞬間から「死ぬぞ!」「推しは作るな!」と一斉にアドバイスをいただきながら一気見したオルフェンズでしたが、想像以上にしんどすぎて「しんどい」以外の語彙力をすべて失うレベルでしんどかったです(語彙力)

一期はオルガたちが自分たちの差別的環境を奪回すべく鉄華団を作り、所属する皆を家族だと言って少しずつ自分たちの居場所を確保していく様にはどきどきしたものですが、一期からの二期なんて頼むから死なないでくれ!というドキドキさで毎度瀕死になって打ちのめされてばかりでした。

一期はとにかくビスケットのところで「ビスケットーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」となったし、いままでもちろん軽んじる死別なんてないけれど、オルガの中で重たい死は間違いなくビスケットだったと思う。どれだけ無茶をしてもビスケットっていうブレーキ役をどこか頼っていた節があったし、何よりも友人として家族として信頼していた相手を目の前で失うっていうことにオルガに掛ける言葉が見つからない。
あのときのオルガを立ち直させるのは完全に三日月しかいなかったけれども、三日月は三日月で完全にアクセルの役割だけだからなんかもうなー!と地団駄を踏みつつも希望的な未来を掴めそうになっていたのが一期でした。過去形になるのがつらい。

二期はアストンの件でぼろぼろ泣いて、そのあとに名瀬&姐さんの件が衝撃的で力尽きました。この二人の関係性が大好きだったし、オルガの大切な人を失ったときの絶望を再び見ることになったのが辛すぎた。なのにー!!!!!そのまま息継ぎする間もなくラフタがー!!!!ラフタがー!!!!!!!!!!!(だん!)
一期の頃からラフタには昭弘と付き合っちゃえよ!と思っていたし、アジーも名瀬さんもラフタと昭弘のことをなんだかんだで後押ししてるし幸せな未来!と思っていたところに容赦のない現実・・・
幸せにしてやってくれよ・・・幸せな昭ラフが見たかった・・・
この件でアジーがまるで名瀬さんのように振舞うエンディングでなんとも言えない気持ちになってしまった。アジーがラフタのことで思いつめすぎていないか心配だったけれど、それが彼女の出した結論なのでしょう。

逆に思いつめてしまったのがライドなんですけど!なぜ!そんなことになってしまったのライド!
自分なんかを守ってオルガが死んでしまったと責任感を感じての結果なのだとしてもこんなに悲しいことなんてない。
一期ではやんちゃで、でもどこかお兄ちゃんとして年下の子たちを気遣うことができる優しい子だったのに。
最後にノブリスを暗殺したことで一応の復讐を果たしたことになったと思うけど、あのあとのライドのことを思うと不安しかないんですけどもー!!!!!

同じく大事な人を失ったヤマギもだけど、46話のシノが本当に男としても人としても度量がでかすぎて、ヤマギがシノ以上に好きになれる相手なんていないんじゃないだろうか。
ヤマギの気持ちがシノに届いていたことが少しでも救いであったらならいい。ヤマギの中では伝えておけばよかったとか後悔が山のようにありそうだけど、雪之丞さんたちのお子さんをかわいがったりして平穏に生きてほしい。しんどい

三日月に関してはもう語る言葉が見つからない。
人として欠けているからこそオルガがいなくちゃだめで、彼にとってオルガがすべてで、でも無自覚でもオルガとはまた別に大切にしたい気持ちや相手を見つけてそれがアトラやクーデリアであったわけで。
この三人の関係は三人だったからこそ成立できたのでしょう。暁の腕に三人のブレスレットが揃っていたのを目の当たりにした瞬間に涙腺が崩壊しました。産んだのはアトラだけれど、間違いなく三日月、アトラ、クーデリアの子供です。大きくなっていつか三日月のように頼もしい男の子に成長してくれるのを祈るばかりです。

そしてオルフェンズでは推しは作るなという周囲からのアドバイスもあったのと、推しを作るところではなく毎回展開に一喜一憂しすぎてそれどころじゃなかったんですが、最終回を見た段階でユージン好きだなと落ち着きました。
しかし最後まで生き残ってくれたユージンだったけれど、ふとした瞬間にオルガも三日月もビスケットも昭弘もシノもいないことに無性に泣き出したくなるんじゃないかなって思ってしまう。なんだかんだで優しい人なので、生き残ってしまったことに対する罪悪感とともに生き残ったからこその責任感でがんじがらめにならないかとても心配。

あとガエリオは生き残ってちゃっかりナンパしてる場合じゃなくて妹のフォローをちゃんとしてくれ頼む。あんな年端もいかないのに未亡人になってしまった妹のこと頼むな!まじでな!


何はともあれオルフェンズお疲れ様でした。ダブルオー以来まともにガンダム見ましたが、ダブルオーとは全然違ったしんどさでした。いや比べるベクトルが全然違うのですが。
ちょっと見直すには勇気のいる作品ですが面白かったです。毎週見ないで良かったのか一気に見て良かったのか悩むところですが、毎週視聴してたらきっと「いっそ殺せ!」てなってた。そう考えると一気見でよかったのかもしれない。
とりあえず全然違う世界戦で鉄華団の皆が楽しくお花見してる話とかください。そしたらすべてチャラにはできんな。だめだな。

何はともあれとても濃度の高いアニメでした!お疲れ様でした!

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

P3P

ザックス身体測定

プロフィール

HN:
なづきえむ
性別:
女性
職業:
萌のジプシー
趣味:
駄文錬成

バーコード

ブログ内検索