忍者ブログ

イチジ九

すべからくどうしようもない日常のあれこれ。 ネタバレ盛り沢山ですので注意!

ユーリ!!!最終滑走

SPで大波乱の予感でいっぱいで終わってからのFPでの最終滑走のユーリ最終話ですが、OPの曲からもうだめ。
むしろヴィクトルの泣き顔にこっちまでつられて泣きそうになったし、1話の勇利のことを思い出すとヴィクトルへずけずけ物言う姿になんとも言えない気持ちになりました。

とりあえずJJは色々な意味でずっとJJだったのが心の支えでした。
翼の折れたJJの件で翼が生えてる前提なところでつっこみを入れるべきだとは思ったんですが、彼がここまでたどり着くまでの葛藤やJJスタイルを確立するまでの努力を考えるとやっぱり憎めないぜJJ
CV宮野というのも最高にぴったりすぎでした。


ピチットくんはもーーーーーーー!!!!最高にかわいいしかっこいいし、彼のスケートに対する夢は純粋に応援したくなるし、クリスはふんだんに色気を振りまく反面でかっこよすぎるなんて反則すぎない?
オタベックも男前だっただけにもっとちゃんと演技見たかったー!


そして最終FPの勇利の姿に突然コーチとして現れたヴィクトルに翻弄されて、ロシアンヤンキーとして殴り込みにきたユリオのことを思い出して、GFに辿り着くまでの日々を思い出したら涙が止まらなかった。
負けてよかった試合なんて一度もなくて、それでも勝てなくて悔しくて泣いてばかりだった勇利の想いだったり、選手としては憧れだったけど、コーチとしては新米すぎるヴィクトルとの不器用な二人三脚の日々だったり、同じ名前のユリオの存在だったり色々な想いが詰まりすぎてしんどいしか出てこない。語彙力が来い
それでも負けず嫌いな勇利が自己ベストを更新し、ヴィクトルの記録を抜いたことが結果として選手としてのヴィクトルに火を点けたことは確か。何よりも憧れていた選手に「悔しい」と思わせるところまできた勇利の成長が純粋にすごいのではないか。
だからこそ、勇利はここで引退して止まってほしくない。
そんな視聴者の気持ちを代弁するように、ヴィクトルの記録を抜いたくらいで勝ち逃げなんて許さないというユリオの演技にもまた泣いたわけで。
ユリオが今まで勇利に対する評価だったり、一話目のさっさと引退しろのセリフの本心だったりこころに集約されたら色々としんどくならない方が無理だ!豚に食われる金メダルはねえ!の破壊力も抜群だよ!さすがだよユリオ!!!!!
そして勇利と同様にユリオもたくさんの人の想いを背負ってリンクの上に立って演技をして、金メダルという結果を出したことに拍手が止まらない。
二人のユーリがそれぞれにそれぞれの影響を受けて今回のGFがあったと思いました。もちろんそれだけじゃなく、描かれきれなかった選手の皆にももちろんあるはずで、だからこそ勇利は勝ち逃げなんてしてる場合じゃない!!!!
選手として復帰するヴィクトルと共に、今度こそ金メダルを取って満面の笑顔を見せてほしい!!!!

ユーリが終わってしまうことにユーリロスを恐れていましたが、二期がある!と勝手に期待ができる終わり方だったので、いつまでもユーリの二期を待とうと思います。

ひとまずはお疲れ様でした。
オリジナルアニメなだけあって、毎度先が読めない展開にハラハラしつつも、たくさん泣いて笑うことができた素敵な作品でした。

拍手[0回]

PR

花丸10話

来派~~~~~~~!!!!!!
来派揃った~~~~~~~!!!!!!!
来派揃ったけど開幕息子×2に怒られる保護者はとりあえずお茶とせんべい片づけてちゃんと正座しなさい。
明石のやる気のなさがこれでもかとアピールされたことにより、愛染と蛍がめちゃくちゃ心配するさまがかわいすぎた。
皆に明石を好きになってもらいたいってなっちゃうところとか、想像よりも来派が仲良しだったのがうれしすぎてそれだけで満足です。
それにしても明石も明石でここぞというところで保護者力発揮してくると審神者が軽率に墓を建てないといけなくなるからその辺わかってるかな!
たぬきのために言い訳もなにもせずに自分がやりましたって罪被るのやめてよ・・・その不意打ちの優しさが極修業に出したあとの審神者への気遣いセリフで爆発して幾多の審神者が発狂したと思ってるんですか!もちろんもれなく私も発狂しました!!!!!くやしい!!!!!!

あのあと愛染きゅんと蛍に手を引っ張られて本丸を案内されたのかと思ったら、その様子を●RECして保存したい。あと焼き芋食べたい。皆で焼き芋大会しよ・・・


で、来派焼き芋大会でほんわかした気持でいっぱいだったんですが、後半の小狐丸のターンになった瞬間薬研によって柄まで通された審神者はこちらです。
いやまってくれ。後半は小狐丸の話ではなかったのか。こんな\突然の死!/みたいな感じで横から砲撃食らうレベルでの薬研藤四郎という刀が油断できなさすぎて立ち直るまでに時間がかかるなんてレベルじゃない。カンスト三日月を重症にしたレベルで手入れ時間かかるんですけど!?ちょっと!?
そんな低くささやくような声で「柄まで通ったぞ・・・」とか言われて審神者絶対コロスマンがアニメスタッフには存在する・・・?いやそれはわかっていたことであった。花丸が始まった時点で審神者は殺される運命であって、毎話違う方法で殺されているよなものなのであったけれども本当に油断ができない花丸はなんておそろしいアニメよ・・・

しかし花丸の小狐丸は麗しいな・・・
回想では鳴狐にはタメ語だったのもあって、他の人には敬語で話すのが妙に新鮮です。狐以外には敬語口調なのかな?いやむしろ慣れたら敬語が取れるタイプなのかもしれない。
敬語が取れてる小狐丸の話し方が好きなので、もっと小狐丸のフランクさを出してこ。もっとくだけた様子見せてこ。

そして最後に長曽祢さんきましたけども、蜂須賀は大丈夫ですか。
花丸の本丸では浦島きゅんが先に来ていたので、充実した弟ライフを送ってきたところへ長曽祢さんの登場でものすごく嫌な顔をする蜂須賀を想像するのは余裕でしたが、浦島きゅんは素直に「兄ちゃんきたー!」てなるのもわかりやすすぎるんだよなあ・・・そんな浦島きゅんの様子にさらに機嫌がわるくなる蜂須賀もわかりすぎるし、長曽根さんちょうがんばってとしか言えない・・・まじがんばって・・・
でも次週はそれどろこではない気配を察知しているので、それはそれでこまる!花丸は折れないって聞いて安心してるんですけど大丈夫なんですよね!?しかしそもそもがニトロということで油断してはいけないのであった。
心して見ます。ではでは

拍手[0回]

ユーリ!!! #10

冒頭からヴィクトルのナレーションで新鮮な10話でしたが、各々のプライベートターンだったりユリオに初めての友達ができたりと見どころは満載だったんですが、なんというかすべてピチットくんが私たちの声を代表して叫んでいただいたことで記憶が塗り替えられた感がやばい。
しかしそんなことで頭の容量がいっぱいになってるところでエンディングのダンスバトルです。これ以上つっこめないところにこれでもか!これでもか!とぶち込まれてくるさまざまなあれでそれがすごすぎてユーリスタッフは視聴者絶対コロスマンかなにか?そんなことしなくても毎回瀕死だよ!

ユリオの初めての友達大作戦は完全に母親の心境で「よかったね~~~~~」となったんですが、勇利のヴィクトルとペアリング事件の方は、なんかもうしんどい、しか言葉が出てこない。
「ずっとお守りがほしくて、あといままでのお礼だから!」と言って渡したリングだけれど、リングがお守りというよりヴィクトル自身がお守りってことじゃないですか!
あとツイッターの考察で見かけたのが、あのとき勇利が買ったのがヴィクトルの分だけで、勇利の分はヴィクトルが買ってるというのを見かけてこの師弟は8か月の間にこんなにも相手のことがわかるほどに絆が深まったんだなって思うとやっぱりしんどいしか出てこないから語彙力の消失が止まらない。

それから皆でわいわいご飯からの金メダルというワードで険悪ムードからのJJがすべてを搔っ攫っていったのでさすがJJスタイルはぶれない。
むしろあのときは突然のJJをありがとう!JJが登場すると皆の気持ちが一つになるさまがとても気持ちがいいです。


そして話が最終話に向けて収束していく寂しさでいっぱいになっているところにダンスバトルをエンディングでぶち込まれたので別の意味で頭を抱えました。
クリスとのポールダンス対決が半裸どころかほぼ全裸と言っても良いのではないでしょうか。むしろ嬉々として脱いでる感あるよクリス!
あとユリオも巻き込まれたってものすごい不機嫌顔だったけど、なんだかんだで付き合ってあげちゃうんだか巻き込まれ体質なんだかで踊ってあげてたユリオ最高かな?
ヴィクトルもヴィクトルで途中で本気出すような顔してるし、皆ノリが良すぎてな!でも絶対に表に出してはいけない写真だということだけはよくわかる。そのまま皆の携帯の中だけで眠らせておいてください・・・


ああーーーっっっ!
あと2話でユーリが終わっちゃうなんて嘘だと誰か言ってほしい。
軽い気持ちで見始めたユーリがこんなにも沼に沈むだなんて思ってなかったのでもっと見ていたいという欲求が止まらない!さすが魔性のカツ丼。

残り2話、心して見ます。お疲れ様でした。

拍手[0回]

ハイキュー3rd #10

白鳥沢編最終回!
ウシワカに押さえつけられて身動きが取れない日向と月島を大地さんたちが必死に抵抗して食らいつく様ですでにぼろぼろ泣きだしてしまった。
原作でももちろん泣いたところだったけれど、動いて、しゃべって、必死にもがいている様を目の当たりにするのは改めて感動が押し寄せてきてハイキューという作品ありがとう!てなるし、アニメ制作に関わってくださった方にもありがとうと言いたいくらい最高の最終回でした。

思えば青城戦からの白鳥沢戦って連続で大きな壁を乗り越えた烏野は本当すごい。
青葉はとびおと及川さんへのコンプレックスによるものが大きかったけど、白鳥沢は全国にいくための最大の壁だったんだものな・・・攻撃が最大の防御的にフルアタックでの殴り合いのような試合でした。

最後に音駒と梟谷メンバーが相対してるところや、とびおのジャパン合宿の話題が出たりしたところで終わったので4期もあると期待してもいいのかな!でも入野さんが留学する予定らしいので1年後くらいだろうか!いつまでも待ちますけどね!!!!

あーーーーでもハイキュー3期が10話というのがすごい短いし、終わっちゃったのがさみしい。BD買ってまたエンドレスリピートの日々を繰り返せばいいんですが、やっぱり毎週ハイキューがある!ていう楽しみがないのがさみしい!
でも本当に本当に白鳥沢編の後編は毎回泣いてた気がする。結末を知ってても泣くのでハイキューという作品の罪深さを実感しますね!
ではでは4期決定報告がくるまでおとなしく正座していようと思います!お疲れ様でした!

拍手[0回]

ユーリ!!! #9

プリマユリオが暴言吐きつつジャンプする様が大変ユリオらしくたまりませんでしたが、ヴィクトル不在の揺らぐ勇利の気持ちからの、ここに至るまでのいままでの自分とスケートに対する気持ちと、そしてヴィクトルへの「愛のようなもの」を振り返るまさに「YURI ON ICE」のフリーがつらすぎて泣きそうになる。
そこここに勇利の本来は「負けず嫌い」である性分が頭角を現してきていて、そしてそれがより勇利を強くしていくトリガーだったのをようやく受け入れ始めたところに自分の限界を見据えていく様が本当につらい。
「ヴィクトルはもうすぐロシアに帰るよ」と言った勇利自身がいちばんつらいだろうし、それを払拭するようにハグ妖怪になったけれども結局はいちばんハグしたい人はヴィクトルだったわけだしマッカチンは無事でよかったけど勇利の終わりに向けて進んでいくのがわかりすぎてどんどんしんどくなる。

プリマユリオとか大変気高く美しくて暴言吐きつつ跳んだりしたの最高だったし、勇利の不調にいち早くピンときて思わず「ガンバー!」とか言いかけちゃうユリオはめちゃくちゃいいこ過ぎない???
何より勇利の誕生日だからっていう理由でカツ丼ピロシキあげたりするの本当かわいすぎか。
大好きなおじいちゃんが作ってくれたピロシキをあげるのとか何よりの励ましに他ならないよ!
しかも勇利を元気づけるきっかけとして誕生日という名目を使ったわけですが、それって絶対日本のゆうこさんに聞いたんでしょ・・・?
本人に誕生日いつだなんて絶対聞くわけないし、そんなユリオが元気づけるために努力してるのかめっちゃかわいい・・・ありがとうユリオありがとう・・・

でもやっぱりユリオパワーで元気になっても勇利のグランプリファイナルに向けての決意に心が折れそう。応援したいのにもっと勇利のスケートが見たいがゆえに素直にがんばれって言えないジレンマ。もっともっとたくさんの人を魅了してほしいし、やっぱり憧れで目標であるヴィクトルと戦ってほしいと思ってしまう。つらい!

そして10話がビックバン7話を超えた衝撃が走ってるみたいでこのしょんぼりしている気持ちを払拭されるのかが楽しみのようでこわい。心して見ようと思います。では!

拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
27 28 29
30 31

P3P

ザックス身体測定

プロフィール

HN:
なづきえむ
性別:
女性
職業:
萌のジプシー
趣味:
駄文錬成

バーコード

ブログ内検索