忍者ブログ

イチジ九

すべからくどうしようもない日常のあれこれ。 ネタバレ盛り沢山ですので注意!

ユーリ!!! #8

おじいちゃん子ユリオかわいすぎかな???
思わず迎えにきたおじいちゃんに飛びついちゃうのもかわいかったけど、そのあとに慌てておじいちゃんをフォローするのもピロシキをがっつくユリオもかわいい。あと思ってたよりカツ丼気に入ってたんだな!本当かわいいしか出てこないんだけどユリオ最高にかわいい!!!!

そしてロシア戦ではさらに登場人物が増えたわけですが、あの和やかな中国大会がすでに懐かしい・・・
こんなにも険悪なロシア大会なんて波乱の予感しかない。
勇利がギスギスした雰囲気にどうしようって困惑してたのに、ユリオの相変わらずな毒舌に逆に和むっていう図がおもしろすぎる。ユリオの悪態が全然響いてないどころか第一話のロシアンヤンキー!とびびっていた勇利はどこにいったのか。
そらコーチのネクタイ引っ張って全世界に愛を見せつけると宣言もしますね!
(恥ずかしか・・・)て思わず方言出ちゃうところか最高にあざというけど、そのあとまたさらにエロスに磨きがかかった男の顔をする勇利という男本当にとんでもないな!?
しかも今までアウェイな場面ではメンタルに大打撃のダメージを食らってきたはずなのに、前回の中国大会で吹っ切れたことにより、逆境をパワーに変える術を身に着けたみたいで本当やばい・・・これでDTなんて信じられる??いやひょっとしたらDTじゃないかもしれないけど!

そしてそんなエロス勇利に対してエンジェルアガペーなユリオが「どけ、豚」という暴言たまらんな??外見と発言の差の熱量がやばい
さらにめちゃくちゃ凶悪な表情を見せつけるユリオよ・・・オチに猫耳カチューシャを装備してさらに眼光鋭くなるのがたまりませんでしたありがとうございますありがとうございます。猫耳を装備してあんなにふてぶてしくなれるのはユリオだけ!
今回おじいちゃんがいないことでアガペーが足りなかったけれど、フリーでのユリオに期待が高まってしまうううううう次回予告で絶対ピロシキカツ丼食べてたああああああ!!!
大好きなカツ丼と大好きなピロシキを大好きなおじいちゃんが作ったとかユリオのアガペーが高まるに決まってるじゃないですかー!!!!!


ところで今回登場したJJと書いて宮野と読むみたいなジャン・ジャック・ルオラですけど、全力で宮野が輝きすぎていた。そしてヴィクトルのあんな塩対応見たことない!ヴィクトルも大概空気読み知らずなところあるけど、そんなヴィクトルと似た気配のJJは苦手なの!?ヴィクトルの意外な一面を引き出すJJすごい。
「コラヴォレィション!」がすべてを持っていって記憶を塗り替えていくのもすごい。さすが宮野。


あーーーーーーーしかし世界大会にいくときの「おまんじゅう盗み食いしちゃだめだぞ」ていうマッカチンへの忠告がフラグだなんて誰が思っただろうか。
さらにそのあとヤコフに代理コーチを頼むなんて想像の斜め上すぎてユーリは展開が読めないことに定評がありすぎる。
それよりもマッカチンは無事でいてよーーー!!!!ヴィッちゃんと同じになってしまうなんて酷すぎる!いやだからこそ勇利はヴィクトルに日本に戻れって言ったんだけど!


カツ丼の呪いに続いてボルシチとピロシキ食べたい呪いにかかっています。どっちも日常的に作ったことないわ!ちょっとクックパッド先生に相談してきます。ではでは

拍手[0回]

PR

ハイキュー3nd #8

白鳥沢戦も佳境ですが、最後の鳥養くんの「バレーは常に上を向くスポーツだ!」は原作でも泣いたシーンですが、まさか田中さんでのお声で聴けるとは思っていなかったので、それもあって感極まって原作よりも泣いたし、見返しても泣くから本当私の涙腺にダイレクトヒット過ぎてだめだと思う。
アニメでの動きのある描写が漫画とは違った一進一退ぶりと、叩きつけられた1点の重みがより伝わるし、けれど鳥養くんの一喝によって彼らに気力が蘇ったのまたわかって、ハイキュー尊い・・・と語彙力を失うことしかできない。

そこにツッキーが帰ってきたところでツッキイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!!!て山口と一緒に叫びたくなるのはもはや仕方のないことですね!
本当白鳥沢戦のMVPツッキーたまらないから9話も楽しみです。

そして8話で田中さんでの鳥養くんは最後となってしまったけれど、9話からの江川さんの鳥養くんも応援していきたいです。
ご本人が誰よりもそのプレッシャーを感じていらっしゃるでしょうし、新しい鳥養くんがはやくハイキューの一員として、「仲間」になってくれるのを見守りたいです。
8話は全部鳥養くんにもっていかれて胸がいっぱいすぎた。
改めていままで本当にありがとうございました!そしてこれからも鳥養くんと、ハイキューの皆を応援していきたい!9話楽しみです!!!!

拍手[0回]

花丸7話

あーーーー

ああーーーーーー

ああああああああああああああああああああああーーーーーーーーー


薬研がこんなに出張ってくるなんて聞いてない聞いてないわ頼むよ耐えられないんだ・・・!
薬研がお兄ちゃん体質なのはわかってたけど、それにしてもいち兄の代役が重すぎてな!
もっと厚も乱ちゃんも一緒にお兄ちゃんしよ!?いやその中でもダントツ「しっかりしなきゃ!」てなってしまったゆえの今回の薬研なわけですが、とりあえずいち兄が召喚されてよかったけれども、まるで富士札に確実な効果があるという実証のような表現は止めていただきたいな!?うちの本丸ではただのレシートだからな!?!?

7話は兄回のようですが、ひょっこり来ていた江雪お兄様ですが、波乗りお兄様はツイッターで見かけたときはただのコラかと思ったらコラじゃなかった。公式だった。公式でお兄様が波に乗っていたっていうか波を制していた。しかも小夜ちゃんも波に乗ってた。なにこれすごい

しかし小夜ちゃんが持ってきた花を愛ですぎるあまり海までもっていっちゃう左文字兄ズは本当に小夜ちゃんが大好きだな!想像通りで大変良いです!
あと宗三がさりげなくマッマしてた。波乗り長男&末っ子を見守る宗三の目線やらお茶出ししてるときの視線が確実にマッマだった。


あーーーーーしかし後半の怒涛の薬研ラッシュは心臓に悪いし、いち兄が来てないかって確認してる薬研は本当つらいから勘弁してほしい。
そしてこの本丸の鳴狐は優秀!富士札を使っていち兄をちゃんと召喚できるなんて優秀!
先日のおパパ上召喚ではお察しの通りうちの本丸は来ておりませんので!!!!!!!!!

さておき、いち兄が早く来てくれますようにっていうお守りに入っていた紙だけれど、あれって薬研が書いた可能性が高いと思うんだがどうか。
照れ隠しで誰が書いたかわからんがって言ってたけど、たぶん誰よりもいち兄がはやく来ないかと思っていたのは薬研かもしれない。弟たちのため、というのはもちろんだけど、その弟の中には薬研も含まれているんだし、頭を撫でられて涙が込み上げてきちゃった薬研はまさに弟であった。

そういえばコラかと思っていたAWT48ですが、これも公式だったなんて・・・プロデューサー鳴狐が輝きすぎていた。というかまさに陰の功労者は鳴狐だよ!おいしいところ全部持ってってない!?
最後は安定の夢落ちみたいになってたけど、あれが夢ならセンター争奪総選挙まで見てたな・・・私はずっと薬研を推していくよ・・・

拍手[0回]

ユーリ!!! #7

ちょっとまってちょっとまってちょっとまって頼むから待ってくださいお願いします。
後半のビックバンが凄まじすぎて人語を失いかけたんですがこれは皆そうなったはずだ!
いや本当にどうしてそうなった・・・こう、なんか、こう・・・うん、ちょっと落ち着くわ。


前回恋する乙女かな??と思ったグァンホンくんですが、今回はめちゃくちゃ男前だわー!
順位に納得できなくてクマのぬいぐるみmgmgしちゃうところはめちゃくちゃかわいい。
でも演技ストーリー内容が中国マフィアンだったわけですが、敵ボスがギオルギーでそんなところでまでおまえ!てなったわけですが、そういえば前回全然ギオルギーのことについて触れるのを忘れていたんですが、ショートもさることながらフリーも大概インパクトありすぎた。
ショートが魔女の衣装でしたが、フリーでは逆にお姫様の方ですか・・・ある意味目を覚ませ!というヤコフの言う通りギオルギーがお姫様ってことでよろしいか。よろしいか・・・??
このギオルギーがまさかのあの爽やかEDを歌ってるなんて一瞬疑うレベル。でもED素晴らしいので買います。


で。


大問題の勇利事変なんですけども。
首位発進の緊張で全然寝れなかった勇利は想像通りどころか想像以上過ぎたんですが、さらにどんどん落ち込んでいく勇利にトドメを指す無慈悲なヴィクトルすごく。勇利の地雷を躊躇いなく踏み抜いていくスタイル。
しかし「いっそ壊してしまおうか」のあと本当にぶっ壊して粉々にしたからこそのあの吹っ切れた勇利の演技ができたのはわかっているけれど、この荒行はヴィクトルだからこそできたこと。他の人がやったらどん底に叩きつけただけできっと同じ結果にはならないところから、勇利にとってのヴィクトルという存在のでかさがはかり知れる。

ですけどね????

それはわかってるんですけどね??????

ちゅーしちゃうのはどういうことなのかな????????????

あっむしろあれは目の錯覚かな?腐ったヲタクが見たからそう見えただけかな!たぶんきっとそうだよね!演出的にそう見えただけだと・・・思いたいむしろ・・
こんな展開どう受け止めたらいいんだ・・・おそらくヴィクトルにとってのキスは、感極まった感情を相手に伝えるための手段の一つだってことはわかってるんだ!わかっててもこの展開はなー!もうなー!!
めちゃくちゃかっこよかったピチットくんの演技のすべてが吹っ飛ぶレベルの衝撃でした。しかも全世界配信って。
ユリオのスプーンとボルシチは犠牲になったのだ。

ああーーー!!!!
次回予告だけで勇利の振り切った感が伝わってきてすでに8話がこわい。色々な意味でこわい。見るけど!ユリオのプリマ姿を見届けなくちゃいけないから見るけど!
最終回とか灰になって消えてなくなってしまうんじゃないかと心配でたまりません。

拍手[0回]

アニキュー3rd #6

ここで!あさひスガ大地さんの1年生回想をぶち込まれる仕様!やめて!!泣く!!!!泣いたけど!!!!!

そういえば青城戦でカットされていたのを思い出しましたが、まさに「チャンスが来たら掴め」のタイミングで崩れ落ちる。

3年生組がまだ苗字+君呼びなのがすごく新鮮なんだけど、どのタイミングで下の名前呼びとかあだ名になったのか気になるところですが、入学してからこんなにもつらい思いをして強くなろうと必死だったのに、あさひさんが引きこもったあの事件を思い出すとよっぽどのダメージを受けたのかとしんどくなります。
強くなりたいとがんばってきて、でも目の前でどでかい壁(しかも伊達工)にぶち当たったら頑張ってきた緊張の糸がぷっつりと切れちゃうのも仕方ない。
でもすぐそばでそれを目の当たりにしてしまった大地さんとスガさんがなんて言葉を掛けていいのかわからなくなっちゃうのもすごいわかるし、むしろ知りすぎてるから強制もできなかったのかな。
そこに空気が読めない日向だったからこそあさひさんに踏み込むができたのかと思うと、いま、このメンバーがそろったのが奇跡でチャンスなのかな。
絶対にないけど、日向が絶望してバレーできない!てなったらとびおとか普通にぶん殴ってふざけんなっていうしツッキーはその程度?て鼻で笑うし、心配してくれるのは山口だけだと思うけど、とびお&ツッキーの攻撃で日向は完全に売られた喧嘩は買う状態になってすぐに復帰すると思うので、そう考えるとあさひさんまじガラスの十代・・・

あーーーーーしかしもう4セット終わってしまったはやい!
白鳥沢編は長いようで短いようなでもやっぱり長い試合というよくわからない時間間隔に陥ります。
でもその中でとびおの「俺が絶望するのはバレーができなくなったときだけ」の顔が最高にかっこいいし、そのあとの日向にバテ山くんと煽られて「ああん?」てなっちゃうとびおも最高にかわいい
相手のっていうか日向とかツッキーの好プレーに素直に称賛できない不器用なとびおが大好きなのであった。

7話で5セット目とかしんどい。この5セットが点数的には少ないのにめちゃくちゃ長いと思ったのは、確実に皆の想いが詰め込まれた1セットだからですよね・・・
原作もウワアアアアってなりながら見てましたが、アニメでの動いてしゃべる彼らをまた新たな気持ちで最後まで見守りたい!お疲れさまでした!

拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

P3P

ザックス身体測定

プロフィール

HN:
なづきえむ
性別:
女性
職業:
萌のジプシー
趣味:
駄文錬成

バーコード

ブログ内検索